Creative Agency

Everything for success

The Premier Website Builder.

AiDA “AI Design Assistant Builds.”

Execute Solid Plans


fee0488079ad3305575909ca149e3a27
Market Research Analysis

アクセス解析
 Google アナリティクスのレポートデータにプログラムを使ってアクセスする最も高度な方法で、データに柔軟にアクセスし、カスタムレポート、ライフタイムバリューレポート、分割レポートに加え、ピボットテーブルも提供が可能になります。複数のウェブマーケティングチャネルがコンバージョンにどう影響するかを分析することができます。

dd15b6590a3335e7d498021e03efb29d
Marketing Plan Creation

実施計画
 カスタムレポートに基づき「誰に」商品(製品)・サービスを訴求するべきかを明確にすることが、その後のマーケティング戦略の成功を左右します。
 セグジュネーションは、潜在する市場ニーズや価値観を、単体またはグループに細分化(市場細分化)する作業を扱うます。このプロセスにより、自社が提供する商品(製品)・サービスが想定する顧客と整合性が取れているかを判断できます。また、顧客の属性をカテゴリー化することは、具体的なマーケティング戦略の施策にも影響を与えます。これらのプロセスを踏むことで、「誰に」届けたいのかを明確にすることが可能になります。

instagram-tablet-device-technology-159410
Marketing Strategy Consulting

戦略提案
 明確なターゲットを抽出し、マーケティングの基本戦略を設計するご支援をさせて頂きます。企業とユーザーのダイレクトでインタラクティブなコミュニケーションをテーマに戦略立案を実施、各種顧客データの分析に基づき、現状分析を実施し「いつ」「誰に」「どのような」コミュニケーションを実施、目標達成を目指すのか具体的なコミュニケーション設計に落とし込み、実現可能な運用設計まで一貫したアクションプラン提供させて頂きます。

About us


Business Solutions

すべては成功の為に
独自ネットワークであらゆるエンターテイメントのプラットホームを目指して

Google Cloud platform & AWS

  1. 世界クラスのインフラストラクチャでワークロードをモダナイズ
  2. インテリジェントな分析で意思決定を促進、多層セキュリティでデータを保護
  3. ハイブリッド クラウドとマルチクラウド環境でアプリケーションを作成して実行

我々の技術力とオープン クラウドイノベーションは、これまで以上に重要であると認識しています。

blog-default-image2
tree-200795_1920.jpg

Fueled by Passion

 時代に求められているのは、ひとつ先をいくアイディア&プロモーション。その実現力は才能であり、それらを最も効果的にコーディネイトすることを可能にするのがプロデューサーである。
 我々は、クライアントの成功の為にリサーチ・プランニング・オペレーションによるブランディングを可能とします。
 プロジェクトごとに、適切なプロチームを構成し、ご満足いただけるアウトソーシングサービスであらゆる事業を お手伝いさせていただきます。我々のプロデュース(実現力)にご期待ください 。

Marketing trends.


デジタルマーケティングのトレンド(最新情報)を、みなさまのメールボックスにお届けします。ぜひ、ご登録ください。
※現在は、不定期配信となっております。ご了承ください。

light-bulb-487859_1280.png

SDGs


持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

私たち“ユニバーサル・デジタルマーケティング”は、持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。


すべての人に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する。

すべての子どもに初等教育を普及するという目標の達成に向けて、2000年以降、大きな進捗が見られています。開発途上地域の就学率は2015年に91%に達し、全世界で学校に通えていない子どもの数はほぼ半減しました。識字率も劇的に改善し、学校に通う女児の数は以前よりもはるかに多くなりました。いずれも特筆すべき成果といえます。

しかしながら、開発途上地域では高い貧困率や武力紛争、その他の緊急事態といった大きな課題に直面しています。西アジアと北アフリカでは、武力紛争の長期化によって、学校に通えない子どもの割合が増えています。これは懸念すべき事態です。サハラ以南アフリカの初等教育就学率は、1990年の52%から2012年には78%へと上昇し、開発途上地域の中で最大の進捗を遂げていますが、それでもなお大きな格差が残っています。最貧層世帯の子どもは、最富裕層世帯の子どもよりも学校に通っていない率が4倍高くなっています。都市部と農村部の間にも、依然として大きな格差が残っています。

すべての人に包摂的で質の高い教育を普及させるという目標は、持続可能な開発にとって、教育が最も有効かつ効果的な手段であるということを再認識するものです。この目標は、2030年までにすべての男女が無償で初等・中等教育を修了することを目指しています。また、職業訓練の平等な機会を提供し、ジェンダーと貧富による格差を解消することで、全世界で質の高い高等教育機会を提供することも、この目標の一つの狙いです。

すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する。

2008年から2009年にかけての経済危機の影響が長引く中、極度の貧困の下で暮らす労働者の数は過去25年の間で劇的に減少しました。開発途上国では、中間層が雇用全体の34%以上を占めるようになりましたが、この割合は1991年から2015年までの間に、ほぼ3倍に増えています。

しかし、世界の経済が回復を続ける中、成長の減速や格差の拡大が見られ、雇用は労働力人口の成長に見合うペースで増加していません。国際労働機関(ILO)によると、2015年の失業者は2億400万人を超えています。

持続可能な開発目標(SDGs)は、生産性の向上と技術革新により、持続的な経済成長を促進することを狙いとしています。これを達成するためには、起業と雇用創出を促す政策の推進だけでなく、強制労働や奴隷制、人身取引を根絶するための効果的な措置を取ることも重要です。こうしたターゲットに留意しつつ、2030年までにすべての女性と男性の完全かつ生産的な雇用とディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を達成することを目標としています。

強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、技術革新の拡大を図る。

インフラと技術革新への継続的な投資は、経済成長と開発には欠かせない要素です。世界人口の半数以上が都市部で暮らしていることから、大量輸送と再生可能なエネルギーとともに、新たな産業の成長と情報通信技術の重要性も今まで以上に増しています。

技術進歩は、新たな雇用機会の提供やエネルギー効率の改善など、経済面と環境面双方の課題の持続的な解決策を見出すうえでも重要となっています。包括的で持続可能な産業を推進し、科学的研究と技術革新に投資することはいずれも、持続可能な開発を促進するための重要な手段となります。

今でも40億人がインターネットを利用できませんが、その90%は開発途上地域に暮らしています。情報と知識への平等なアクセスを確保し、その結果として技術革新と起業を促進するためには、このデジタル格差の解消が欠かせません。

持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する。

平和、安定、人権、そして法の支配に基づく効果的なガバナンスは、持続可能な開発の実現に向けた重要な手段です。私たちは亀裂が深まる世界に暮らしています。平和と安全、繁栄が持続している地域もあれば、紛争と暴力という無限の悪循環に陥っていると見られる地域もあります。これは決して仕方のないことではなく、取り組みが必要な問題です。

激しい武力紛争と情勢不安の高まりは、国の開発に破壊的な影響を及ぼし、経済成長を損なうだけでなく、コミュニティ間にしばしば数世代にも渡る長期的対立をもたらします。紛争のほか、法の支配がない場所では、性暴力、犯罪、搾取、拷問も蔓延しているため、各国は最も大きなリスクにさらされた人々を保護する措置を講じなければなりません。

持続可能な開発目標(SDGs)は、あらゆる形態の暴力を大幅に削減するとともに、政府やコミュニティと協力し、紛争と情勢不安を恒久的に解決することをねらいとしています。法の支配を強化し、人権を推進することは、違法な兵器の流通を削減し、グローバル・ガバナンス機構への開発途上国の参加を強化することとともに、目標実現のプロセスにカギを握る要素となります。

持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する。

持続可能な開発目標(SDGs)は、グローバルなパートナーシップと協力に向けた強い決意がない限り、実現できません。先進国による政府開発援助(ODA)は、2000年から2014年にかけて66%増額されましたが、紛争や自然災害による人道危機は引き続き、資金と援助を必要としています。成長と貿易の促進にODAを必要とする国も多くあります。

世界はかつてないほど結びつきを強めています。技術や知識へのアクセスの改善は、アイデアを共有し、技術革新を促す重要な方法です。開発途上国による債務の管理を支援する政策を調整するとともに、後発開発途上国(LDCs)向けの投資を推進することは、持続可能な成長と開発の達成に欠かせません。

持続可能な開発目標(SDGs)は、すべてのターゲット達成に向けた各国の計画を支援することにより、南北、南南協力を強化することを狙いとしています。国際貿易を推進し、開発途上国の輸出増大を支援することは、公正かつ開放的で、すべての人々に利益をもたらす、ルールに基づく公平な普遍的取引システムの実現に欠かせない要素です。

私たちが持続可能な開発のため支援する項目は、2030アジェンダを構成する17のグローバル目標の上記内5つです。複数の目標を同時に達成するためには、国連開発計画(UNDP)の包括的なアプローチが必要不可欠です。